PR

ニュース 社会

女性の所持品持ち去りか、男はキャリーケース所持 東京・池袋ホテル殺人

 東京都豊島区池袋のホテルの一室で12日夜、女性の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、女性が入室時に身につけていた帽子やリュックサックが室内からなくなっていることが13日、警視庁池袋署捜査本部への取材で分かった。12日午後にこの部屋に出入りしていた不審な男は、入退室時とも黒いリュックとキャリーケースを所持しており、捜査本部は男が室内で女性を殺害後、所持品を持ち去ったとみて調べる。

 捜査本部によると、女性は同日午後5時50分ごろ、男が先に入っていた部屋に入室。ホテルの廊下の防犯カメラには、黒縁眼鏡をかけ、青い帽子とリュックを身につけた女性の姿が写っていた。その後眼鏡は室内から発見されたものの、帽子とリュックは見つかっていないという。

 事件は同日午後8時半ごろ、清掃のため入室した男性従業員の110番通報で発覚。遺体は布団圧縮袋のような透明のビニール製の袋に入れられ、その上からシーツでくるまれた状態で見つかった。検視の結果、女性は首を圧迫されて窒息死した疑いがある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ