PR

ニュース 社会

堺・前市長の政治資金事件 次女を集中的に聴取、大阪地検特捜部

竹山修身氏の自宅から押収物を運び出す大阪地検の係官=12日午後、堺市北区
竹山修身氏の自宅から押収物を運び出す大阪地検の係官=12日午後、堺市北区

 堺市の竹山修身(おさみ)前市長(69)の関連政治団体の政治資金収支報告書に2億3千万円超の記載漏れがあった事件で、大阪地検特捜部が政治団体の会計担当者だった竹山氏の次女を集中的に任意で事情を聴いていることが13日、関係者への取材で分かった。

 会計処理について、次女が「これまで問題にならなかったため、同じやり方を続けていた」などと説明していることも関係者への取材で判明した。平成25年の市長選では、打倒大阪維新の会を目指した各党が竹山氏を相次ぎ支援。結果、献金が増えるなどし、次女は選挙戦後に大量の事務作業に追われることがあったという。

 竹山氏は報告書作成を「次女に任せていた」としており、特捜部は次女の会計処理の実態や記載漏れがあった経緯、家族3人の説明に矛盾がないかなどを調べるとみられる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ