PR

ニュース 社会

池袋のホテル女性遺体、首圧迫で窒息死か 部屋に男が出入り 

 東京都豊島区池袋のホテル2階の一室で12日夜、女性の遺体が見つかった事件で、女性は首を圧迫されて窒息死した疑いがあることが13日、警視庁への取材で分かった。女性は30~40代とみられ、ベッドの横の床で全身をビニール製の袋に入れられ、その上からシーツでくるまれた状態で見つかった。

 ホテルの廊下の防犯カメラには、12日午後にこの部屋に出入りする30歳前後とみられる男の姿が写っていた。捜査1課は殺人・死体遺棄事件と断定し、池袋署に捜査本部を設置して男の行方を追っている。

 捜査本部によると、男は上下とも黒い服で白いマスクを着用しており、午後3時40分ごろに事前精算を済ませて入室。同5時50分ごろに女性が入室し、同7時40分ごろに男が1人で部屋を出ていた。

 その後、同8時15分ごろにアルバイトの男性従業員が部屋の清掃のために入室し、「清掃で室内に入ったらシーツにくるまれた物体があった。遺体かもしれない」と110番通報した。

 女性は黒のTシャツに黒のスエットパンツ姿で、黒い靴下を着用。ひざを抱えた姿勢のまま、布団圧縮袋のようなビニール製の袋に入れられていた。室内からは女性の靴が見つかったが、身分証や所持品などは発見されていないという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ