PR

ニュース 社会

停電4日目、固定電話も一部不通で住民不安に拍車

台風15号による影響で停電が続く中、住民がガソリンと発電機を工面し設置した、携帯電話の充電所=12日午後、千葉県鋸南町
台風15号による影響で停電が続く中、住民がガソリンと発電機を工面し設置した、携帯電話の充電所=12日午後、千葉県鋸南町

 台風15号による大規模停電で、千葉県内では12日午後5時現在で依然、約31万戸の停電が続いた。停電地域では携帯電話がつながりにくく、固定電話も一部で不通になるなど通信環境が悪化。停電発生から4日目となり、住民の不安に拍車がかかり、自治体の被害把握にも支障が出た。東京電力は早期の全面復旧を目指して作業を続けた。

 NTT東日本によると、停電地域では通信設備の非常用電源が足りず、障害が発生。同県内では12日時点で固定電話約4万6千回線が不通になっており、電源車を出して回線の復旧を進めた。

 固定電話が使えないことで県と自治体の連絡が十分に取れず、被害情報の収集が遅れる事態も起きた。房総半島にある鋸南町では、非常用発電機の故障で代替手段の防災行政無線も一時機能しなかった。

 携帯電話各社は防災拠点の自治体庁舎などに移動基地局や発電機を設置した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ