PR

ニュース 社会

双子出産偽り出産一時金詐取疑い ボリビア人ら逮捕 神奈川県警

 国民健康保険の出産育児一時金を不正に受給したとして、神奈川県警などは12日、詐欺の疑いで、ボリビア国籍で横浜市戸塚区柏尾町の会社役員、イシイ・コシオ・マリオ被告(51)=別の詐欺などの罪で起訴=を再逮捕し、同国籍の同県箱根町宮城野の派遣社員、ナカオ・デ・ウエチ・ノルマ容疑者(52)と、同居する夫で契約社員の上地フランクリン容疑者(69)を逮捕したと発表した。イシイ容疑者とナカオ容疑者は容疑を認め、上地容疑者は否認している。

 逮捕容疑は共謀のうえ、平成29年2月1日にナカオ容疑者がボリビアで双子を出産したように装い、偽造した出生証明書など虚偽の申請書を箱根町に提出し、出産育児一時金として現金84万円を詐取したとしている。

 県警国際捜査課によると、上地容疑者は保険料を滞納していたため、滞納金を差し引いた約41万円が上地容疑者の口座に振り込まれたという。関東や東海地方で、同様の事件に約40件関与し、2千万円以上をだまし取ったとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ