PR

ニュース 社会

千葉の大規模停電、国と自治体連携…復旧体制の現状は 連絡が取れないところも

台風15号の被害について、東京電力に早期復旧を要望し、現在の対策などを説明する森田健作・千葉県知事=12日、県庁(永田岳彦撮影)
台風15号の被害について、東京電力に早期復旧を要望し、現在の対策などを説明する森田健作・千葉県知事=12日、県庁(永田岳彦撮影)

 台風15号による千葉県の大規模停電では、東京電力や県など自治体のみならず、政府や国の機関や自衛隊なども連携し、全面復旧に向けた対応に当たっている。

 東電は1万1千人態勢で復旧作業に当たっている。エアコンを使えない被災者が熱中症にかかるリスクが高まっていることから、電源車も派遣。病院や公共施設などに優先的に配置し、給電した。

 市町村レベルの自治体でも全面的に対応にあたっているが、県南部を中心に停電の影響で連絡がとれないところもあることから、県でも詳しい状況が把握ができない部分もある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ