PR

ニュース 社会

「児童の安全最優先」 虐待事件で警察庁長官

 警察庁の栗生俊一長官は12日の記者会見で、相次ぐ児童虐待事件に関し「児童相談所や市町村、関係機関、学校と連携し、児童の安全を最優先とした取り組みを確実に進めたい」と話した。

 栗生氏は、鹿児島県出水市で大塚璃愛来ちゃん(4)が死亡し、母親の交際相手が逮捕された事件に関連して「冥福を心から祈りたい」とした上で「児童虐待は、刑法犯認知件数が減っていく最近の傾向の中で、DVと並んで留意しないといけない要素だ」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ