PR

ニュース 社会

警官同行の10代女性転落死 フェリーから飛び降り

 11日午後6時10分ごろ、北海道・利尻島の利尻富士町鴛泊(おしどまり)港町の港付近で、道警稚内署の警察官が同行し、フェリーで移動していた10代後半の女性が海中に飛び降りた。

 女性は転落現場付近の海上で見つかり、救助されたが、約3時間後に死亡が確認された。北海道警が同行していた警察官から事情を聴き、ミスがなかったかなどを調べている。

 道警によると、女性は11日、学校に登校せず、午前中に家族から行方不明の届け出があった。同日午後4時ごろ、巡回中の警察官が稚内市で発見、自ら家を出てきたことを認めたため保護した。同市内で1人でいたとみられる。家族の要請で、女性にも同意を得て男性警察官2人が同行、家族の元に送るため稚内市から利尻島へ向かうフェリーに乗り込み、午後4時40分ごろ出航した。

 鴛泊港近くまで女性に変わった様子はなかったが、突然走りだし、そのままデッキから飛び降りたという。道警が家出した理由などについて家族から事情を聴いている。道警子供女性安全対策課の本間博幸課長は「警察官が同行中に関係者が海に転落し亡くなったことは誠に残念だ」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ