PR

ニュース 社会

本紙記事、神戸新聞に酷似 県版連載取り消し、謝罪

 産経新聞社は10日、朝刊兵庫県版で8月18~20日に3回にわたり連載した記事「無人島生活 中学生のサバイバルキャンプ」について、神戸新聞社が朝刊姫路版で昨年8月31~9月3日に4回にわたり連載した記事と、全般の構成が類似し、複数の表現が酷似していることから著作権を侵害した可能性が高いと判断し、同社に謝罪した。産経新聞社は記事を取り消し、関係者の処分を検討する。

 記事は、姫路支局の男性記者(46)が、8月10~13日に兵庫県姫路市家島町の松島(無人島)で行われた中学生男女36人参加の「サバイバルキャンプ」(同県立いえしま自然体験センター主催)に同行取材し、執筆した。

 8月21日に神戸新聞社から、同紙姫路版に昨年連載された「新人記者が挑む 無人島サバイバル」と酷似した表現が、本文中や写真説明などに多数あるとの指摘があった。

 産経新聞社が調査した結果、記者は神戸新聞の連載を書き写したことは否定したが、主催者側からキャンプの直前に神戸新聞の連載記事のスクラップを参考として渡され、事前に読んだことを認め、「無意識に引っ張られていた可能性がないとはいえない」と説明した。

 産経新聞の連載はキャンプのプログラムに沿った記事構成で、記者の取材ノートから、記事中の個々の話し言葉や表現・描写は、参加者らの実際の発言を引用するなどしたものであることを確認した。しかし、記者が神戸新聞の記事に事前に接していること、記事全般の構成が類似しており、複数の表現が酷似することを総合的に勘案し、神戸新聞記事の著作権を侵害した可能性が高いと判断した。

 安東義隆・産経新聞大阪本社編集局長の話「記事は実際に現地で参加者、主催者側を取材し、書いたものです。しかし、神戸新聞の記事に依拠した疑いがぬぐえないと判断しました。神戸新聞社ならびにキャンプ関係者の方々、読者の皆さまに心よりおわび申し上げるとともに、今後、記者教育を徹底し、再発防止に努めます」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ