PR

ニュース 社会

【東日本大震災8年半】壊滅的被害の宮城・閖上で美容室再開 取り戻した地域の団らん

今年4月、美容室を再開した中橋さん。贈り物の花に囲まれた店内で客を待つ=宮城県名取市(千葉元撮影)
今年4月、美容室を再開した中橋さん。贈り物の花に囲まれた店内で客を待つ=宮城県名取市(千葉元撮影)

 東日本大震災は11日午後で発生から8年半となる。津波で壊滅的被害を受けた宮城県名取市の閖(ゆり)上(あげ)地区では今年5月、道路や施設の建設などが進み、「まちびらき」を迎えた。その閖上には、葛藤を抱えながらも帰ることを選び、古里に確かな足跡を残そうとする被災者の姿もあった。

 太平洋にそそぐ名取川の河口の土手に、心地よい風が吹き抜ける。

 「川から風が入って気持ちがいい。何かいい場所でしょ」

 閖上の名取川のそばに今年4月、まちびらきを前にオープンした商業施設「かわまちてらす閖上」。そこに入居する美容室「私の部屋ふるる」の中橋栄子さん(70)は、通りかかる人に声をかける。

 美容室再開までには葛藤が幾度もあった。「何もなくなっちゃって誰も帰ってこない」。震災後、閖上に戻るつもりはなかった。40年以上前に古里で構えた店舗で、震災当日の朝は卒業式の準備で数人の客が訪れていた。ひと息ついた午後に揺れが襲った。車で避難する最中、津波がすぐ後ろまで迫った。その時の恐怖が頭を離れず、寝付けないまま思わず大声が出てしまう夜もあった。

 改装したばかりの店舗は流され、独立したスタッフも命を失った。失意の中にあったが、避難所の体育館へ被災者の髪を切りに訪れると喜んでくれた。生活は一変したが、「走り続けることしかできなかった」と振り返る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ