PR

ニュース 社会

【北限に挑む~食に託す復興】(中)国産紅茶で「地元を元気に」 宮城・石巻

 朱夏さんはその後に連絡が取れた田崎氏から「『被災地枠』ではなく、味と香りで選びました」と告げられた。「石巻のもので石巻を元気にしたいと思ってやってきた。報われた気持ちだった」。朱夏さんは当時の心境を振り返る。雅晴さんもまた、「つらい体験をしたからこそ、未来に向けて頑張らなきゃ」と力を込める。

 日本茶アドバイザーの資格を取得した朱夏さんは現在、全国各地へ営業に飛び回る多忙な日々を過ごす。北限の茶葉に託すのは、家業の未来だけではない。朱夏さんは言う。

 「身近な家族を笑顔にしていきたい。石巻ってこんなに素敵なところなんですよって伝えたいんです」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ