PR

ニュース 社会

児相職員増を検討、鹿児島 女児死亡巡る対応調査へ

三反園訓知事=9月
三反園訓知事=9月

 鹿児島県出水市で大塚璃愛来(りあら)ちゃん(4)が死亡し、暴行容疑で母親の交際相手、日渡駿容疑者(21)が逮捕された事件を受け、三反園訓(みたぞの・さとし)知事は10日、県中央児童相談所(鹿児島市)に33人いる児童福祉司の増員を検討していると明らかにした。県議会本会議で「児相の体制強化を図る」と述べた。県は児相や自治体の対応の検証も始める。

 県によると、検証は県社会福祉審議会の分科会で進める方針。開始時期は、今後調整するとしている。厚生労働省は、児童虐待による死亡事例が発生した場合、都道府県の審議会などで検証するよう通達を出している。

 事件は、県警が日常的な虐待の有無や死亡との因果関係を捜査中だが、県子ども家庭課は「行政機関の対応に課題が指摘されており、検証が必要と判断した」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ