PR

ニュース 社会

客のカード情報入手容疑 比人逮捕、9百万円被害か

 東京都千代田区の高級ステーキ店でアルバイト中、利用客の精算時にクレジットカード情報を盗み、タクシー代を支払ったとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は割賦販売法違反や詐欺などの疑いで、フィリピン国籍で住居不定、無職、トレンティーノ・ニッコ被告(24)=同法違反罪などで起訴=を再逮捕した。

 組特隊によると、トレンティーノ容疑者は盗み取ったカード情報を宿泊予約サイトでの高級ホテル予約に使用。「パレスホテル東京」(千代田区)の宿泊代約39万2千円や「ザ・リッツ・カールトン東京」(港区)のスイートルーム代約35万9千円を支払ったとして、警視庁が7月以降、2度逮捕、起訴していた。

 トレンティーノ容疑者は平成30年3月から今年2月までステーキ店で勤務。客がテーブルで会計する際、預かったクレジットカードをレジまで持っていく間にカード番号や名義人名、有効期限、セキュリティーコードといった情報を暗記し、メモをスマートフォンで撮影して保存していた。

 調べに容疑を認め、「(上位クラスの)ゴールドカードなどを狙った」などと供述。被害は約360件、総額約950万円に上り、ネット上の事前決済サービスを悪用し、友人らを宿泊や飲食などに誘っていた。被害者らは「頻繁にカード決済をしているので、どこで情報を盗み取られたか分からなかった」などと説明している。

 今回の逮捕容疑は、30年8月15日にステーキ店を利用した江東区の男性医師(47)のクレジットカード情報を不正に入手。同30日、スマホのタクシー配車アプリに情報を登録して、港区東新橋から乗車したタクシー代金1210円を支払ったとしている。

 カード情報を盗み取られて不正に利用される被害は近年、急増している。日本クレジット協会によると、30年の盗用による被害額は187億6千万円に上り、不正利用全体(235億4千万円)の79・7%を占め、同項目の統計を取り始めた26年(67億3千万円)以降で最悪となった。一方で、30年の偽造カード被害は16億円にとどまっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ