PR

ニュース 社会

【台風15号】東電、10日中に千葉県内の停電を12万軒に縮小 11日の全停電解消目指す

台風15号のため、停電が続く千葉県市原市。県内では鉄塔2基が倒壊するなどしており、復旧は多くの場所で11日以降になる見込みだ=10日午後6時19分(共同通信社ヘリから)
台風15号のため、停電が続く千葉県市原市。県内では鉄塔2基が倒壊するなどしており、復旧は多くの場所で11日以降になる見込みだ=10日午後6時19分(共同通信社ヘリから)
その他の写真を見る(1/2枚)

 東京電力ホールディングスは10日、台風15号の影響で生じている同社管内の停電で、同日中に千葉県内の12万軒に縮小できる見込みになったと発表した。午後5時段階では管内約58万軒で停電していたが、復旧要員を増やして対応した。さらに11日中に管内すべての停電を解消させる方針だ。

 東電管内では最大で93万軒超で停電。栃木県、埼玉県、東京都(島しょ部を除く)で復旧したのに続き、10日中には茨城県、神奈川県、静岡県が復旧する見通しだが、千葉県での復旧は遅れていた。

 東電では9日には2300人としていた復旧作業の要員を、10日に8千人へ増やしたほか、中部電力など他の電力会社が派遣する復旧の応援要員を合計で約1700人に増員し、千葉県内の復旧を急いだ。

 これによって、千葉県内では10日中も29万軒程度で停電が続くとの見通しだったが、これを12万軒まで圧縮できる見込みに大幅に改善した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ