PR

ニュース 社会

夏休みの宿題が…小6長男に暴行疑い、50歳男逮捕「教育の一環」

 自宅で小学6年の長男(11)の頭をたたいたとして、兵庫県警尼崎東署は10日、暴行の疑いで兵庫県尼崎市西長洲町の会社員、高岡英治容疑者(50)を逮捕した。「教育の一環でやった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は8月13日午前11時ごろ、自宅で長男の側頭部を複数回平手打ちしたとしている。

 尼崎東署によると、高岡容疑者は他に妻と長女の4人暮らし。妻らの説明では、長男が夏休みの宿題だった工作の予定をうまく説明できなかったことで暴行したという。

 今月9日夕、高岡容疑者の家庭内暴力について家族から相談を受けた市職員が県警に通報した。署は日常的な暴行があったとみて、詳しい経緯を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ