PR

ニュース 社会

成田空港、足止め解消 京成線は始発から運行開始 利用客ターミナルで一夜

台風15号の影響で足止めされ、成田空港で一夜を過ごす利用客ら=10日午前1時すぎ
台風15号の影響で足止めされ、成田空港で一夜を過ごす利用客ら=10日午前1時すぎ
その他の写真を見る(1/3枚)

 台風15号の影響で、首都圏にアクセスする主要路線の運休が続いた成田空港では10日、京成線が始発から運行を再開した。約1万3千人の利用客がターミナル内で一夜を過ごしたが、足止めは解消に向かう見込みだ。

 成田空港は台風が通過した後の9日午前から運用を開始したが、空港と首都圏とを結ぶJRや京成電鉄の各線は運休が続いた。同日夕までに一部路線やバスは再開したものの、飛行機で成田に到着する利用客に輸送が追いつかず、一時、最大約1万7千人が空港内にとどまった。

 成田国際空港会社(NAA)は、空港内にとどまる利用客に水やクラッカー、寝袋を配布。携帯電話やスマートフォンが充電できるように充電設備も設置した。利用客は疲れた様子で寝袋に入ったり、席に横になったりして始発を待った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ