PR

ニュース 社会

収賄容疑で海上自衛官逮捕 食品納入めぐり、高級クラブで接待か

 海上自衛隊に納入される食品をめぐり、便宜を図った見返りに接待を受けたとして、神奈川県警捜査2課は9日、収賄容疑で海上自衛隊横須賀基地所属の2等海曹、今井伸幸容疑者(47)=同県横須賀市汐入町=を、贈賄容疑で食品製造・卸販売業「明食」社長の吉田公一容疑者(52)=横浜市神奈川区白幡東町=を逮捕した。同課は、2人の認否を明らかにしていない。

 今井容疑者の逮捕容疑は、平成28年12月ごろから30年5月ごろまでの間、吉田容疑者が海上自衛隊に納品する食品の受け入れに関し、契約と異なる納品を黙認するなどの便宜を図った見返りに、吉田容疑者から横浜市の高級クラブで25回余りにわたり計約110万円相当の飲食接待を受けたとしている。

 同課によると、今井容疑者は犯行当時、食品の納品業者を検査する検査官の立場を悪用し、計40回にわたり、吉田容疑者が海自の注文とは異なる品物を納めている不正を黙認。吉田容疑者は、本来なら廃棄処分しなければならない在庫品などを海自に持ち込んでいたという。

 一方、同課は9日、食品調達の際に架空請求し、海自から代金約80万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で、海自横須賀基地の元准海尉で会社員の橋本浩彰容疑者(58)=横須賀市池上=を逮捕した。同様の手口で約1千万円を詐取したとみて、同課が裏付けを進めている。

 同補給所所長の山岡鉄司1等海佐は「国民の皆さまにご迷惑をお掛けし、申し訳ない。捜査に協力し再発防止に取り組む」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ