PR

ニュース 社会

「ストレス発散できた」公園トイレで火つける 会社員の男逮捕

 公衆トイレ内で火をつけ、排水溝のふたを焦がしたとして宮城県警仙台東署は9日、器物損壊の疑いで仙台市宮城野区の会社員、沢田一洋容疑者(52)を逮捕した。調べに対し容疑を認め、「火を見るとストレスを発散できた」と供述している。 

 逮捕容疑は6月2日午前5時20分ごろ、同区内の公園の女子公衆トイレ内で衣類のようなものを燃やし、トイレの床に設置されていた排水溝のふたを焦がしたとしている。沢田容疑者は6月27日、7月17日に窃盗の疑いで、8月7日に建造物侵入の疑いで逮捕されていた。

 同署によると、この公園付近では同様の不審火が数件発生しており、関連を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ