PR

ニュース 社会

目黒虐待死、母親に懲役11年求刑「絶望や苦痛、余りある」

船戸優里被告(三尾郁恵撮影)
船戸優里被告(三尾郁恵撮影)

 東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が両親から虐待を受けて死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)の裁判員裁判の論告求刑公判が9日、東京地裁(守下実裁判長)で開かれた。検察側は「母親に助けてもらえなかった絶望や苦痛は察するに余りある」として懲役11年を求刑した。弁護側は懲役5年が相当と訴え結審。判決は17日に言い渡される。

 検察側は論告で、元夫の雄大被告(34)=同罪などで起訴=の暴力を容認したほか、食事を与えず、関係機関の支援も排除して外部が助けられない環境をつくったと指摘。雄大被告に支配されていたとまでは言えず「被害者の命と雄大被告との関係をてんびんにかけ、雄大被告を選択しただけ」と非難した。

 弁護側は「優里さんへの(雄大被告の)虐待にも目を向けてほしい」と強調。結愛ちゃんは優里被告が大好きだったとした上で、優里被告の結愛ちゃんの死亡への関与は少なく、過大に非難されるべきではないと訴えた。

 優里被告は最終意見陳述で「結愛を愛していたのに心も体もぼろぼろにして死なせてしまったことへの罰はしっかりと受けたい」と述べた。

 起訴状によると、昨年1月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えず、雄大被告による暴行も放置。結愛ちゃんの衰弱を認識しながら医師の診察を受けさせず、3月2日、肺炎による敗血症で死亡させたとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ