PR

ニュース 社会

「昨年の21号に匹敵」台風15号、首都圏を直撃 記録的暴風、災害に警戒

台風15号の影響で静岡市の海岸に打ち寄せる高波=8日午後
台風15号の影響で静岡市の海岸に打ち寄せる高波=8日午後

 非常に強い台風15号は9日未明から明け方にかけて関東に上陸する見通し。関東南部で記録的な暴風が吹く恐れがある。気象庁は8日に臨時記者会見を開き、うねりを伴った高波、大雨による土砂災害、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。「関西空港などに大きな被害が出た昨年9月の台風21号に匹敵する勢力で関東南部を通過する恐れがある」としている。9日昼前には東北沖に抜けるとみられる。

 JR東日本は首都圏の全ての在来線で9日は始発から午前8時ごろまで運転を見合わせる。東京メトロも東西線や有楽町線など一部区間で同様に運転を見合わせる。通勤や通学の足に大きな影響が出そうだ。

 気象庁によると15号は雲の範囲が小さいのが特徴。接近すると天気が急変し雨や風が強まる。8日午後10時現在、伊豆大島の南南西約50キロを時速20キロで北に進んだ。中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心の南東側90キロ以内と北西側70キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ