PR

ニュース 社会

税務署職員、酒気帯び疑い 水戸

 水戸署は8日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、水戸市石川1、水戸税務署職員、松本拓巳容疑者(22)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は8日午前5時半すぎ、水戸市見和1丁目の県道から同市姫子1丁目付近まで、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。

 署によると、松本容疑者は県道でタクシーと接触する事故を起こして走り去り、その後、店舗駐車場で車2台と建物の外壁にぶつかった。タクシー運転手の男性が追い掛けて110番、駆け付けた署員が呼気検査して、基準値を超えるアルコールを検出した。けが人はなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ