PR

ニュース 社会

京アニ事件負傷者ら35人の年齢など公表 京都府警

京アニ放火殺人事件の負傷者数
京アニ放火殺人事件の負傷者数
その他の写真を見る(1/2枚)

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警は6日、亡くなった35人以外で事件当時に建物内にいた35人の年齢や性別などを公表した。35人のうち34人は重軽傷を負い、現在も女性7人が入院中。40代の男性1人は無事だった。府警はこの35人に対する殺人未遂容疑でも、青葉真司容疑者(41)の逮捕状を取得している。

 府警が公表したのは、京都市伏見区や京都府宇治市など京都を中心に大阪、滋賀、奈良の2府2県に住む21~53歳の35人。男女別は女性19人、男性16人で、年代別では20代15人▽30代11人▽40代7人▽50代2人-となっている。40代の男性1人はけががなかったが、事件当時、建物内にいたため殺人未遂容疑の被害者に含まれている。

 府警によると、負傷した34人の中には命の危険がある重篤な状態の人が3人いるほか、重体が1人、重傷が25人、軽傷が5人いるという。府警は35人から聞き取りを進め、事件当時にどの階にいたかなど状況を詳しく調べている。

 一方、青葉容疑者については、意識を取り戻し、ほぼ命に別条がない状態にまで回復したことが捜査関係者への取材で判明。全身をやけどした青葉容疑者は集中治療室(ICU)で皮膚移植などの治療を受け、依然話すことができないが、医師の問いかけには首を振るなどの反応を示しているという。ただ、逮捕できる状態まで回復するにはまだ時間がかかる見通し。

 事件は7月18日午前10時半ごろ発生。青葉容疑者がスタジオに侵入してガソリンをまいた後に爆発が起こり、鉄筋コンクリート3階建てが全焼し、35人が死亡、34人が負傷した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ