PR

ニュース 社会

母親「私と夫が結愛を追い込んだ」 結愛ちゃんノートの訴えに涙 目黒女児虐待死

「私と夫が結愛を追い込んだ」と語った船戸優里被告
「私と夫が結愛を追い込んだ」と語った船戸優里被告

 東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が両親から虐待を受けて死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里被告(27)の裁判員裁判の第4回公判が6日、東京地裁(守下実裁判長)で開かれた。優里被告は検察側の被告人質問で、結愛ちゃんが「ゆるして」などと書いたノートの記載について、「今思えば私と夫が結愛を追い込んでいた」と述べた。

 優里被告はこれまでの公判で、起訴内容をおおむね認めつつ、夫の雄大被告(34)=同罪などで起訴=から心理的に支配され、雄大被告の虐待を止められなかったと主張している。

 結愛ちゃんの部屋からは「ママ」との書き出しで「あしたはもっと できるようにするから」「もうおねがい ゆるしてください」などと書かれた大学ノートが見つかっている。

 優里被告はこの記載について「文書を見たら普通の人なら助けを求めるはずなのに、あのときはそうしなかった。今思えば私と雄大が結愛を追い込んでいたとしか思えない」と涙した。

 また死亡する数日前に結愛ちゃんを病院に連れて行けば、顔のあざが見つかって雄大被告も自身も逮捕されたと思うとし、「暴行したのは雄大だが、結愛を守らなかったり、雄大がストレスを感じる環境をつくったりしたのは私」と自身の責任について述べた。

 公判では、目黒区に転居する前に住んでいた香川県や都の児童相談所職員らが証人として出廷した。優里被告は県児相に関し「関係がよくなくて児相に対して間違ったイメージがあった。私が歩み寄らなかった」と説明。また都の児相職員が「相談してほしかった」と証言したことに触れ「ああいった立場になったときは助けを求める一言を言えない」と振り返った。

 「雄大のいうことを聞いていれば結愛は安全だと思った」などと説明した優里被告。検察官が、児相や医師らの「支援の手を振り払って自ら孤立したのでは」と問うと、「その時は結愛のためにした行動だった。それが結果的に結愛を死なせてしまった」とうつむいた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ