PR

ニュース 社会

【目黒女児虐待死、母親被告人質問詳報】(8完)「真っ黒なホールしか思い出せない」結愛ちゃんのメモは記憶あいまい

船戸優里被告
船戸優里被告

詳報(7)はこちら

 《東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が両親から虐待を受けて死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)の裁判員裁判。午後1時半に始まった被告人質問は、休廷を挟み、すでに3時間も続いている。8歳年上の夫、雄大(ゆうだい)被告(34)=同罪などで起訴=は、5歳児には困難なかけ算の九九や時計の読み方を練習する“約束事”を結愛ちゃんに課していた。検察官は優里被告にそれらの内容を一つ一つ確認していく》

 検察官「被告人自身はどう関わっていたのですか。結愛ちゃんは1人で勉強していたのですか」

 優里被告「2人で一緒にやってました」

 検察官「雄大被告は一緒にやらなかった」

 優里被告「時計(の読み方)の勉強は雄大が『やれ』と言って、九九は私が『やった方がいい』って言ったんですけど」

 検察官「雄大被告が作ったチャートというのは」

 優里被告「理解していないと雄大が判断したときに作ったと思います」

 《「ゆるしてください おねがいします」。結愛ちゃんが生前残したメモは社会に衝撃を与えた。体重や食事の時間とともに「パパとママにいわれなくても しっかりと じぶんからきょうよりかあしたはもっとできるようにするから」などと両親に許しをこう内容だったからだ》

 検察官「メモ類は雄大被告も全部見てるのですか」

 優里被告「全部は見てないです」

 検察官「(結愛ちゃんの)体重が減っているグラフの数字は見ていましたか」

 優里被告「はい」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ