PR

ニュース 社会

【目黒女児虐待死、母親被告人質問詳報】(7)九九の表、約束事の張り紙…作ったのは「全部、私です」

船戸優里被告(三尾郁恵撮影)
船戸優里被告(三尾郁恵撮影)

詳報(6)はこちら

 《東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が両親から虐待を受けて死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)の裁判員裁判の第3回公判。2時間を超えた弁護側の被告人質問に続いて、ついに検察側からの質問が始まった》

 《冒頭、検察官が守下実裁判長に「被告人の供述が取り調べ段階と食い違っているし、弁護側の質問も2時間に及んだ。今日はできるところまで進めるが、明日に持ち越す可能性がある」と主張。裁判長も「(持ち越しは)想定していた。できるところまでやってください」と認めた》

 《検察官は、優里被告に出生地や職業などを簡単に確認した後、都内のアパートでの結愛ちゃんの暮らしぶりについて質問を始めた。優里被告は、夫の雄大被告(34)=同罪などで起訴=の影響力の大きさを訴える》

 検察官「(アパートの)6畳間が結愛ちゃんの部屋になった理由は何ですか」

 優里被告「雄大が決めました。先に香川から雄大が引っ越していて、荷物が仕分けされて部屋に置かれていたので、私は『ここが結愛の部屋なんだ』と思いました」

 検察官「結愛ちゃんは1日中、6畳間にいましたか」

 優里被告「リビングや、雄大の寝室にいることもありました。リビングではテレビを見たりしていました」

 検察官「6畳間にいるときは何をしていましたか」

 優里被告「結愛専用のパソコンがあって、それを使ってDVDを見たり、勉強したり、寝たりです」

 検察官「布団を敷いたり畳んだりするのは」

 優里被告「結愛がしていました」

 検察官「着替えは誰が選んでいましたか」

 優里被告「雄大が近くにいる場合は、結愛が自分で選んで着ていました。雄大がいない場合は私がやっていました。雄大に結愛を取り上げられている時間帯がありまして、そういうときに結愛と接すると雄大の機嫌が悪くなるので」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ