PR

ニュース 社会

衝突のトラック運転手に事故歴や健診に異常なし 関係者、首かしげる

京急電鉄の踏切事故で、報道陣の取材に答える死亡したトラック運転手が勤務する運送会社の関係者=5日午後、千葉県香取市(城之内和義撮影)
京急電鉄の踏切事故で、報道陣の取材に答える死亡したトラック運転手が勤務する運送会社の関係者=5日午後、千葉県香取市(城之内和義撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 京急線の衝突脱線事故で、死亡したトラック運転手の男性(67)が勤務する千葉県香取市の運送会社では5日、訪れた国土交通省の担当者らに運行管理記録やドライブレコーダーのデータを提出するなど対応に追われた。

 同社の関係者によると、男性はトラック運転手として大手陸送会社に20年以上勤めた後、昨年10月に同社に入社した。事故歴はなく、勤務態度も真面目で、今年6月の健康診断でも異常は認められなかったという。

 5日は午前4時に香取市を出発し、輸入されたグレープフルーツやレモンを横浜市内から千葉県成田市に運んでいた。男性がこのルートを通るのは4回目。最初は先輩が付き添ったが、1人で運行するのは3回目だったという。

 男性にルートを教えたことがあるという関係者は「一番安全なルートを教えたのに、違う道へ行ってしまった。なぜ、あそこ(事故現場)に行ったのか分からない」と首をかしげた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ