PR

ニュース 社会

【目黒女児虐待死、母親被告人質問詳報】(6)体重激減の結愛ちゃんの体見れず 死亡告げられ「倒れました」

 弁護人「体を見てどうしましたか」

 優里被告「見れなくて、バスタオルでふきました」

 弁護人「見れなかったんですか」

 優里被告「はい」

 《当時、体重が激減していた結愛ちゃん。一方で、その状況が危険だと認識していなかったという優里被告。ただ、その考えに至る複雑な背景を述べていく》

 弁護人「日に日に結愛さんの体重が落ちていますが、それでも心配にならなかったんですか」

 優里被告「それを見ても、全体的にこの体重は危ない、というのじゃなくて、前日から100グラム減ったとか、200グラム減ったとかそういうことしか頭になかったです」

 弁護人「100グラム減った、200グラム減ったのは、あなたに何の意味があるんですか」

 優里被告「100グラムでも減ったら結愛がお菓子とかを食べられるから。それで…。結愛を喜ばせたいと思ってしまいました」

 《優里被告は手作りのガトーショコラやドライフルーツ、結愛ちゃんの好物だったというチョコやチーズを、雄大被告が留守だったり、寝ていたりするときを見計らって食べさせていたという。質問は結愛ちゃんが亡くなった3月2日のことへ移る》

 弁護人「どうして2人だけになったんですか」

 優里被告「雄大にとにかく外に行ってほしいとお願いしました」

 弁護人「どうしてですか」

 《雄大被告が家にいることが結愛ちゃんのストレスになると考え、そう告げたという。DVDを見たり、話をしたりしていた結愛ちゃんからは笑顔も見られたと説明。外出中の雄大被告に電話で結愛ちゃんの体調について相談したが、「うんちが出たなら大丈夫」とする雄大被告の説明に従い、結愛ちゃんを病院に連れて行くことはなかった》

 弁護人「病院にはいつ連れて行こうと思いましたか」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ