PR

ニュース 社会

【目黒女児虐待死、母親被告人質問詳報】(6)体重激減の結愛ちゃんの体見れず 死亡告げられ「倒れました」

船戸結愛ちゃんが暮らしていたアパート。公判ではベランダに立たせられたりしていたことも明らかになった=東京都目黒区
船戸結愛ちゃんが暮らしていたアパート。公判ではベランダに立たせられたりしていたことも明らかになった=東京都目黒区

詳報(5)はこちら

 《東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が両親から虐待を受けて死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)の裁判員裁判の第3回公判で、午後から始まった弁護側の被告人質問が続く》

 《結愛ちゃんには「めざましどけいをはやくとめる」などの「約束事」があった。昼まで寝ていることもあったという優里被告の夫、雄大(ゆうだい)被告(34)=同罪などで起訴=の睡眠を妨げないようにするためだったが、結愛ちゃんの食事時間をつくるためでもあった》

 弁護人「雄大さんが寝ているときは結愛さんに食べさせることはできましたか」

 優里被告「はい」

 弁護人「亡くなるまでその状況は続いていましたか」

 優里被告「はい」

 《次第に「ご飯を食べたくない」と訴えるようになったという結愛ちゃん。それに対して「ダイエットになっていいじゃないか」と話したという雄大被告。母親として子供を心配する気持ちを持つ一方、厳しい食事制限などを課す雄大被告に対する印象を問われると、優里被告は当惑した様子を見せた》

 弁護人「『ダイエットになってよい』などという雄大さんに対してひどいやつだと思いませんでしたか」

 優里被告「私が…ひどいやつ?」

 弁護人「なんてひどいことをすると思わなかったんですか」

 《優里被告は困惑した様子で答えられない》

 弁護人「表現できませんか」

 優里被告「分かりません」

 《結愛ちゃんが吐いたものが髪につき、洗ってあげようとお風呂に入れたことに質問は移る》

 弁護人「結愛さんの体を見ましたね」

 優里被告「はい」

 弁護人「どういう状況か言えますか」

 優里被告「…」

 《言葉を紡ぐことができない。続く質問に悲しみをこらえるかのように声を振り絞って応じていく》

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ