PR

ニュース 社会

【目黒女児虐待死、母親被告人質問詳報】(4)「結愛にハグしたら怒られる」離婚申し出ると説教

船戸優里被告
船戸優里被告

詳報(3)はこちら

 《東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が両親から虐待を受けて死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)の裁判員裁判では、弁護人による被告人質問が続いている。夫の雄大(ゆうだい)被告(34)=同罪などで起訴=は児童相談所への対応について、優里被告に具体的に指示していたという。法廷に設置されたモニターに、ワープロ書きされたA4の紙が映し出された。優里被告の涙は引いたようで、はっきりとした声で答えていく》

 弁護人「これを覚えていますか」

 優里被告「これは雄大が作ったものです」

 《優里被告によると、児相の職員に対応するときに「この通りに言えば大丈夫だ」と言われたという》

 優里被告「それで教えてくれました」

 《雄大被告が作ったというワープロ書きの紙が2枚。ほかにも、四角で囲み「警察」と書かれた紙が1枚、「検察」と書かれた紙2枚が映し出された》

 弁護人「(対応を)覚え込まされてあなたが書いたものですか」

 優里被告「はい」

 弁護人「しょっぱなに父親からの母親に対するDV(家庭内暴力)虚偽の1となっている。どういう意味ですか」

 優里被告「結愛のことを嘘つきと言っていて、その理由はお母さんもたたかれてるんだって発言したことは雄大は嘘だって言って、『俺はお前にDVなんてしてない』と確認を取ってきて、私もばかだから『うん』って言いました」

 弁護人「『嘘の大小・代償』とあります。この意味は」

 優里被告「この意味は分からなかったので調べたりしました」

 弁護人「雄大さんはテストしましたか」

 優里被告「まずここに書いているやつを理解できるまで読めと言われ、その紙を取り上げられ、難しい熟語はどういう意味かと聞かれ、こうですと答えました」

 《優里被告は、結愛ちゃんが東京への転居前に通っていた香川県の病院の医師に、困っていることを書いたチェック票を渡したことがあるという》

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ