PR

ニュース 社会

【目黒女児虐待死、母親被告人質問詳報】(2)「夫から毎日長時間説教」異様な支配、反省示すため自傷行為も

詳報(1)はこちら

 《東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が両親から虐待を受けて死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)の裁判員裁判の被告人質問が続いている。8歳年上で、頼れる夫の雄大(ゆうだい)被告(34)=同罪などで起訴=と出会い、幸せな家庭を築くはずだった優里被告。しかし、雄大被告は結婚直後から、事あるごとに優里被告に対して「説教」を始めたという》

 弁護人「平成28年4月に入籍して、雄大さんが変わったことはありますか。あなたに説教するようになったのはいつですか」

 優里被告「説教だと認識するようになったのは入籍した頃からです」

 弁護人「どんなことを説教するんですか」

 優里被告「私の性格が悪い、私の行動や発言、全てが怒られます」

 弁護人「怒られているのに最初は説教と思わなかったんですか」

 優里被告「雄大に『お前のために言っている』と言われていたので、私のために怒っていると思っていました」

 弁護人「説教は日常的にありましたか」

 優里被告「はい」

 弁護人「どのくらいの頻度ですか」

 優里被告「私の感覚では、入籍直後は毎日です」

 弁護人「1回でどれくらいの時間するんですか」

 優里被告「早くても1時間、長いと昼に始まって夜になることもありました」

 弁護人「内容はあなたの生活のことだけではなくて、結愛さんへのしつけや生活ぶりに話が及んでいったのはいつからですか」

 優里被告「入籍してから言われるようになりました」

 弁護人「どこがだめだと言うんですか」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ