PR

ニュース 社会

【目黒女児虐待死、母親被告人質問詳報】(1)「結愛が一番楽しく過ごせる家庭を作りたかった」涙声で供述

 《東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が両親から虐待を受けて死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)の裁判員裁判の第3回公判で、被告人質問が5日午後、東京地裁(守下実裁判長)で始まった》

 《夫の雄大(ゆうだい)被告(34)=同罪などで起訴=からの「報復が怖かった」と初公判の罪状認否で述べた優里被告。児童相談所の訪問も拒否し、“密室”と化した自宅アパートで、結愛ちゃんが死亡するまでに何があったのか。5歳の女の子が衰弱死するまでの経緯を優里被告がどう語るのか、注目が集まる》

 《午後1時半、裁判長が法廷の再開を告げる》

 裁判長「証言台の前に出て、いすをひいて座ってください。最初に言った通り、黙秘をすることもできますが、あなたのお話がとても大事なので、自分の気持ちを正直に話してもらいたいと思います」

 《優里被告に対して、弁護人の質問が始まる。優里被告は午前の審理で、香川県に住んでいた頃の小児科医らへの証人尋問で涙を流していたが、休憩を挟んで落ち着いた様子だ》

 弁護人「だいぶ泣いていましたが、それはどういう気持ちでしたか」

 優里被告「…」

 《少し考えるようなそぶりをした後、涙混じりに言葉にならない声を発する優里被告。弁護人が重ねて質問しようとすると、唇を震わせながら語り始めた》

 優里被告「私は…加害者であると同時に被害者の母親でもあります。加害者としてはやっぱり結愛に対して『ごめんなさい』と…軽々しい言葉では済まされないぐらい…でも『ごめんなさい』以上の『ごめんなさい』を表現する言葉が見つからなくて、結愛に対しては、ごめんなさいと謝り続けることしかできないけど…」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ