PR

ニュース 社会

騒然とする現場 「震え止まらない」「地響き」

京浜急行の電車とトラックが衝突し、黒煙が上がる事故現場=5日、横浜市神奈川区(住民提供)
京浜急行の電車とトラックが衝突し、黒煙が上がる事故現場=5日、横浜市神奈川区(住民提供)

 横浜市神奈川区で起きた京浜急行の列車とトラックの衝突事故。多数のけが人が出ており、複数の救急車と消防車が駆けつけた現場は騒然とした。

 線路近くの事務所で働く50代男性は「大きな音が聞こえ外に出ると、線路際にみかんが散らばっていた。3両目ぐらいから、乗客が脱出していた」と話した。

 「爆発したような音が聞こえ、地響きがあり、家の窓ガラスも揺れた。黒煙が上がり、銀色や黒の破片のような物が舞っていた」と近所に住む自営業藤田美花さん(59)。現場に行くと、「一番前の車両に乗っていて自力でなんとか脱出した。衝撃がすごくいまも震えが止まらない」と話す男性や、気が動転した様子で、泣きじゃくり携帯で電話している女性もいたという。

 「ドーン」という音を聞いて現場に行った女性(41)によると、車両が大きく傾き、車両付近から火が出ているのが見えた。2両目と3両目から乗客が「ここどこ?」と互いに話しながら降りていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ