PR

ニュース 社会

京急で快速特急とトラックが衝突し車両が脱線、負傷者34人に 横浜

京浜急行の神奈川新町-仲木戸間の踏切で、トラックと電車が衝突した事故現場=5日午後0時37分、横浜市神奈川区
京浜急行の神奈川新町-仲木戸間の踏切で、トラックと電車が衝突した事故現場=5日午後0時37分、横浜市神奈川区
その他の写真を見る(1/4枚)

 5日午前11時40分ごろ、横浜市神奈川区の神奈川新町駅近くの踏切で、青砥発三崎口行き快速特急(8両編成)が、線路上で立ち往生したトラックと衝突した。この事故で複数の車両が脱線し、トラックは炎上。トラックの運転手の男性が車両の下敷きになり、病院に搬送されたが重傷の模様。消防によると、ほかに33人が負傷しており、うち中等症が2人、軽症が31人。今後も負傷者は増える可能性がある。

 神奈川県警が事故の詳しい状況を調べている。運輸安全委員会は鉄道事故調査官を現地に派遣する方針。

 電車は1両目がトラックに乗り上げるような状態になったほか、3両目付近まで脱線。トラックが炎上した影響で現場からは黒煙が上がり、電車の側面などが黒く焦げたほか、線路脇の鉄柱の一部が大きく折れ曲がった。救急隊員らがブルーシートを張るなどして、救出・搬送作業に当たっている。

 事故の影響で、京急は一部の上下線で運行を見合わせている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ