PR

ニュース 社会

元町長の長男、県職員に転職し防災に奮闘 紀伊半島豪雨8年

 今年8月には、県内で外国人観光客らが被災した場合に備えた訓練の運営を担当。参加した外国人らに対し、訓練内容を説明したり、けがの有無などを記載するカードの作成を支援したりした。

 「被災経験があるからこそ、災害で困り、悲しんでいる人の気持ちが分かるはず。そういう人に寄り添う仕事をしていきたい」と寺本さん。この日の慰霊祭には真一さんとともに出席し、「1年間、県庁で無事に働くことができたと母と姉に報告した。いつ何が起きるか分からない分、精いっぱい生きて、県の職員として地域の方々に恩返ししたい」と決意を語った。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ