PR

ニュース 社会

【目黒女児虐待死、母親初公判詳報】(2)過呼吸に陥る優里被告 「『夫は結愛のために説教してくれている』と思うように」

船戸優里被告(中央)=東京都目黒区(三尾郁恵撮影)
船戸優里被告(中央)=東京都目黒区(三尾郁恵撮影)

詳報(1)はこちら

 《東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が両親から虐待を受けて死亡したとされる事件の初公判。保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里被告(27)の罪状認否が終わると、検察官がどのように犯罪事実を証明するかを説明する冒頭陳述が始まった。犯行に至る経緯や動機はどこまで解明されるのだろうか。女性検事が冒頭陳述を読み上げる》

 検察官「検察官が証拠によって証明しようとする事実は以下の通りです」

 《優里被告と夫の雄大被告(34)は昨年1月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えず、雄大被告の暴行で衰弱していたことを認識しながら、虐待の発覚を恐れて医師の診察を受けさせずに放置。結愛ちゃんは3月2日、低栄養と免疫力低下が原因の肺炎による敗血症で命を落とした》

 検察官「適切な保護を行わず、死に至らしめたことに争いはありません。今回は、いかなる刑を科すべきか。つまりは量刑をどうするかということです。犯行時の状況を時系列に沿って説明します」

 《優里被告と雄大被告は香川県で結婚し、平成28年11月に弟が生まれたころから、雄大被告による結愛ちゃんへの暴行が始まったという。優里被告の呼吸が荒くなる。「ハァハァ」という息づかいが法廷に響きわたる》

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ