PR

ニュース 社会

【新井浩文被告初公判詳報】(4)弁護人、抵抗の言葉「出せていなかったのでは」 被害弁償2千万円は拒否

 弁護人「暗い部屋で男性と2人きりでマッサージの施術を行うことにも慣れていますか」

 女性「はい」

 弁護人「目が慣れれば仕事をすることは問題ないですか」

 女性「はい」

 弁護人「ところで違うことをお伺いします。先ほど、挿入されそうになった場面で『入れないで』と言ったとおっしゃっていました」

 女性「はい」

 弁護人「本当は『入れないで』という気持ちはあったけれど、言葉には出せていなかったのではないですか」

 女性「いいえ、言葉にしました」

 《弁護人は、女性が警察官に話した供述調書の中に「入れないで」と言ったという話がないと指摘し、さらに下半身を触られたことについても供述調書になかったとして、こう続けた》

 弁護人「警察官に話しているとき、記憶から抜けていた。新井さんが言っていると聞いて(触られたことを)思い出したのですか」

 女性「はい」

 弁護人「触られたこと自体、記憶から抜け落ちていたのですか」

 女性「はい」

 弁護人「(下半身を)触られたときに抵抗したことも、警察官に話しているときには忘れていたのですか」

 女性「はい」

 弁護人「『触らないで』と言ったのも警察に話しているときには出てきていません」

 女性「はい」

 弁護人「新井さんが逮捕され、こういうことがあったと言われて思い出したのですか」

 女性「はい」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ