PR

ニュース 社会

高速にクマ、半日後に駆除 宮城の山形道

 宮城県川崎町の山形自動車道上り線で1日午後6時ごろ、中央分離帯のブロック塀の脇にクマが倒れているのを東日本高速道路の巡回車が見つけた。夜間で駆除が難しく、県警高速隊が2日午前9時5分ごろから約45分間、上り線の笹谷インターチェンジ(IC)-宮城川崎IC間を通行止めにし、地元の猟友会が駆除した。

 高速隊や川崎町によると、体長約85センチ、体重約17キロの子グマ。車にはねられたとみられ、動かないため放置しても車の通行に影響はなかったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ