PR

ニュース 社会

【新井浩文被告初公判詳報】(1)女性に謝罪も「合意あると思っていた」 検察側「施術中、興奮して犯行に及んだ」

新井浩文被告
新井浩文被告
その他の写真を見る(1/2枚)

 《派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われた俳優の新井浩文=本名・朴慶培(パク・キョンベ)=被告(40)の初公判が2日午前10時、東京地裁(滝岡俊文裁判長)で始まった》

 《新井被告は今年2月1日に逮捕され、同21日に起訴された。保証金500万円を納付し、同27日に警視庁本部から保釈された》

 《この日、東京地裁前には報道陣やファンらが詰めかけ、傍聴希望者532人が列を作った。一般傍聴席は20席で、倍率は約26倍に達した》

 《実力派俳優として評価され、無造作な髪形に無精ひげが印象的だった新井被告。この日は、黒色のスーツとネクタイを着用。ひげはなく整った髪形で、傍聴席と裁判長にそれぞれ軽く一礼して入廷した》

 《裁判長が開廷を告げ、新井被告がゆっくりと証言台の前に歩み出た》

 裁判長「名前はなんといいますか」

 新井被告「新井浩文です」

 裁判長「本名は」

 新井被告「朴慶培です」

 裁判長「職業は?」

 新井被告「現在、無職です」

 《新井被告は、はっきりとした口調で答える》

 《検察官が起訴状を朗読する。起訴状によると、新井被告は昨年7月1日午前3時半ごろ、東京都世田谷区内の自宅で、マッサージ店の30代の女性従業員に頭を押さえつけるなどの暴行を加え、乱暴したとしている》

 《朗読が終わると、裁判長が黙秘権などについて説明。女性については特定を避けるため『Aさん』と呼ぶことも伝えられた。続けて裁判長が起訴内容についての認否を尋ねる》

 裁判長「公訴事実に間違っているところはありますか」

 新井被告「まずAさんに謝罪の言葉を言いたいです。本当にすみませんでした」

 《裁判長の席に向かって数秒間頭を下げる新井被告。しばらくして向き直り、認否を述べた》

 新井被告「起訴状については、暴力は一切やっていません。それと同意があったと思っています」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ