PR

ニュース 社会

あおり運転立件へ実況見分 常磐道、被害男性立ち会い

あおり運転殴打事件の実況見分=8月31日、茨城県守谷市の常磐自動車道(桐山弘太撮影、一部画像処理しています)
あおり運転殴打事件の実況見分=8月31日、茨城県守谷市の常磐自動車道(桐山弘太撮影、一部画像処理しています)

 茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、県警は31日、傷害容疑で逮捕した会社役員、宮崎文夫容疑者(43)のあおり運転を暴行容疑で立件するため、被害に遭った男性(24)の立ち会いで実況見分した。

 県警は午前9時ごろから常磐道上り線の谷和原インターチェンジ(IC)-柏IC間を通行止めにし、容疑者が乗っていたのと同型の車を使って、あおり運転の状況を確認した。

 事件は10日午前6時15分ごろ発生。宮崎容疑者の高級スポーツタイプ多目的車(SUV)が、常磐道で数キロにわたって急な車線変更などを繰り返して男性の車を停止させた後、男性の顔を殴ってけがをさせた疑いがある。

 県警は、同乗していた交際相手の喜本奈津子容疑者(51)も、大阪市の自宅に宮崎容疑者をかくまった疑いで逮捕した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ