PR

ニュース 社会

「ブラックマネー詐欺」 カメルーン人の男ら再逮捕

 「黒い紙片」に変えた外国紙幣を元に戻す薬品が必要と偽り、男性から300万円をだまし取ったとして、奈良県警西和署などは30日、詐欺の疑いで、ヤナ・オノレ・パッフェ容疑者(42)らカメルーン国籍の男2人を再逮捕した。ともに容疑を否認している。

 再逮捕容疑は7月11日、黒に変色させた米百ドル札を元に戻す薬品を購入する資金を出せば、謝礼として300万ドルを渡すなどと嘘を言い、同県三郷町の会社経営の男性(73)から現金300万円をだまし取ったとしている。

 同署によると、この手口は「ブラックマネー詐欺」と呼ばれる。ヤナ容疑者は6月、千葉県内で、特殊な薬品で黒い紙片を米百ドル札に変えたように実演。男性に預けた大量の黒い紙片が計1千万米ドル分の米百ドル札であると信じ込ませたという。

 ヤナ容疑者らは7月、詐欺未遂の疑いで逮捕され、今月10日に別の詐欺容疑で再逮捕された。男性は「全部で800万円くらい振り込んだ」と話しており、同署が追及する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ