PR

ニュース 社会

大阪の住宅で母娘3人死傷 大阪府警、殺人容疑で捜査

 29日午後10時半ごろ、大阪市東成区神路(かみじ)の民家で「娘2人が刺された」と住人の男性(33)から119番があった。大阪府警によると、男性の長女の小川璃紗(りさ)ちゃん(5)と次女の珠璃(じゅり)ちゃん(3)が腹部などを刺されて死亡した。男性は「妻が娘を刺した」と説明。妻(40)も腹部に刺し傷があり、府警は妻が無理心中を図った可能性があるとみて、回復を待って事情を聴く。

 府警によると、この家は夫婦と娘2人の4人暮らし。焼き肉店経営の男性が仕事から帰宅し、妻と娘2人が2階の寝室で血を流して倒れているのを発見。近くには血の付いた包丁が落ちていた。娘2人は胸や腹に複数の刺し傷や切り傷があり、司法解剖の結果、死因は失血死だった。

 家の中には、妻が夫や親に宛てて書いたとみられる複数の封書があった。室内に荒らされた形跡はなく、玄関は施錠されていた。

 現場は大阪メトロ千日前線新深江駅の北約400メートルの住宅街。近所の70代女性は「奥さんが子供2人を連れているところを見たことはあるが、家族仲は悪そうではなかった。何があったのか」と驚いた様子だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ