PR

ニュース 社会

偽造保険証でスマホ詐取容疑 手品師を再逮捕、警視庁

 偽造の健康保険証を使いスマートフォンをだまし取ったとして、警視庁葛西署は有印私文書偽造・同行使と詐欺の疑いで、東京都江東区東陽、手品師、森山尚平被告(39)=詐欺罪などで起訴=を再逮捕した。調べに対して容疑を認め、「指示役から頼まれた」と供述しており、同署は背後に詐欺グループがいるとみて捜査している。

 同署によると、森山容疑者はだまし取ったスマホをコインロッカーに預け、詐欺グループ側に渡していたとみられる。自宅からは偽造された健康保険証25枚のほか、他人名義の運転免許証約290枚やパスポート4枚などが押収されており、森山容疑者は「指示役から預かった」と説明しているという。 

 再逮捕容疑は3月26日、港区の家電量販店で、身元確認の際に偽造の健康保険証を提示し、スマホ1台(約14万円相当)をだまし取ったとしている。

 森山容疑者は6月、江戸川区内の携帯電話販売店で偽造の健康保険証などを使いスマホを購入しようとしたとして詐欺未遂容疑で現行犯逮捕された。その後、秋葉原の家電量販店でも同様の手口でスマホをだまし取ったとして詐欺容疑で再逮捕されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ