PR

ニュース 社会

逃走中に着替えたか 逮捕の韓国籍男 身柄確保時に別服

中野警察署を出る金容疑者=27日午後、東京都中野区(佐藤徳昭撮影)
中野警察署を出る金容疑者=27日午後、東京都中野区(佐藤徳昭撮影)

 窃盗容疑で現行犯逮捕後にけがで入院していた東京警察病院(東京都中野区)から18日に逃走し、27日に同容疑で逮捕された韓国籍の住所不詳、無職、金●(=さんずいに元)基容疑者(64)の服装が逃走時と違っていたことが、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は逃走中に着替えたとみて、逃走の詳しい足取りを捜査している。

 金容疑者は27日朝に中野署に電話して出頭する意向を伝えたが、「署の周りにはカメラが多く、恥ずかしいから行けない」と述べ、接触場所として新宿区下落合のバス停を指定した。

 午前11時ごろ、捜査員がこのバス停で金容疑者の身柄を確保。黒のTシャツ、モザイク柄のハーフパンツ姿で首にタオルをかけていたといい、複数の衣類が入った袋を持っていた。18日に病院から逃走した際には白のTシャツ、青のズボン姿だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ