PR

ニュース 社会

荒川河川敷の男児遺棄、母親の少女ら逮捕 「援助交際で妊娠」 警視庁

 東京都足立区千住曙町の荒川河川敷で6月、生後間もない男児の遺体が見つかった事件で、警視庁捜査1課は死体遺棄容疑で、都内に住む母親ら17歳の少女2人を逮捕した。調べにいずれも容疑を認めており、母親の少女は「援助交際で妊娠し、自宅で出産した」と話しているという。

 逮捕容疑は6月24日ごろ、荒川河川敷の草むらに、生後間もない男児の遺体を遺棄したとしている。男児は司法解剖されたが、死因は不明だった。

 捜査1課によると、防犯カメラの画像から2人の関与が浮上。2人は友人で、同23日深夜に母親の少女が自宅で出産した後に、電車で現場に向かい遺体を遺棄したとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ