PR

ニュース 社会

3つ子出産と偽り出産育児一時金を不正受給 ボリビア国籍の男女を詐欺容疑で逮捕 

 国民健康保険の出産育児一時金を不正に受給したとして、神奈川、千葉両県警の合同捜査本部は22日、詐欺と詐欺未遂の疑いで、いずれもボリビア国籍で、横浜市戸塚区柏尾町の会社役員、イシイ・コシオ・マリオ被告(51)=別の詐欺罪で起訴=を再逮捕し、群馬県太田市末広町の派遣社員、パンドゥロ・ペレス・マジェルリ容疑者(36)を逮捕した。イシイ容疑者は容疑を認め、パンドゥロ容疑者は一部否認している。

 逮捕容疑は共謀の上、パンドゥロ容疑者がボリビアで3つ子を出産したように装い、平成29年5月12日、千葉市内で偽造した出生証明書など虚偽の申請書を提出し、同市から出産育児一時金として、現金121万2000円をだまし取り、同年6月16日には、群馬県太田市内で、同様の手口で出産育児一時金をだまし取ろうとしたが、同市職員に看破されたため、未遂に終わったとしている。

 出産育児一時金は、国民健康保険などの被保険者が出産したとき、1児につき42万円が支給されるもの。産科医療補償制度に加入していない医療機関などで出産した場合は、40万4000円が支給される。

 イシイ容疑者は今月1日、別のボリビア国籍の女=詐欺罪で起訴=と共謀し、大阪府内の自治体から同様の手口で、約126万円をだまし取った疑いで逮捕された。イシイ容疑者は同様の事件に約40件関与し、2000万円以上をだまし取っているとみて、合同捜査本部が慎重に調べを進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ