PR

ニュース 社会

少女に売春させた疑い 無職女と自称塗装工の男を逮捕 神奈川県警

 少女をホテルに派遣して客とみだらな行為をさせたとして、神奈川県警少年捜査課は21日、児童福祉法違反(淫行させる行為)と売春防止法違反(周旋)の疑いで、いずれも同県秦野市渋沢の無職、菊地莉沙容疑者(26)と自称塗装工の宮本龍尚容疑者(21)を逮捕した。ともに容疑を否認している。

 逮捕容疑は共謀のうえ、昨年12月17日、小田急線渋沢駅北口ロータリーで、当時高校2年で16歳だった無職少女(17)に対し、アルバイトの男性(29)を売春の相手として引き合わせ、同日午後11時40分ごろから翌18日午前1時5分ごろまでの間、市内のホテルの一室でみだらな行為をさせたとしている。

 同課によると、菊地容疑者は昨年夏ごろ、ツイッターを通じて「仕事しない?」などと少女に接触。その後、自宅アパートに少女を住まわせたうえで、昨年8月から同12月20日まで、約50人を売春の相手として引き合わせていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ