PR

ニュース 社会

警察病院逃走の韓国籍男、警視庁が公開手配

警視庁が窃盗容疑で指名手配した金●(=さんずいに元)基容疑者(警視庁提供)
警視庁が窃盗容疑で指名手配した金●(=さんずいに元)基容疑者(警視庁提供)

 窃盗容疑で逮捕後、けがの治療で入院していた東京警察病院(東京都中野区)から18日に逃走した男について、警視庁捜査3課は19日、同容疑で指名手配したと発表し、顔写真を公開した。男は韓国籍の住所・職業不詳、佐藤●(=さんずいに元)基(もとき)こと金●(=さんずいに元)基(きん・げんき)容疑者(64)。病院近くからバスに乗車後、JR中野駅で降車して逃走しており、警視庁が行方を追っている。

 同課によると、金容疑者は13日午後2時20分ごろ、開店前だった同区の飲食店に侵入し、レジ内の現金8万円を盗んだ疑いが持たれている。店主の男性が発見して追いかけた際に階段から転落し、鎖骨骨折などのけがをした。中野署に現行犯逮捕されたが治療のためいったん釈放され、同病院に入院していた。

 金容疑者は9日間の入院予定だったが、18日午前6時45分ごろに1人で病院5階の多目的トイレに入り、付き添いの同署員に忘れ物を取ってくるよう依頼した直後に逃走。非常階段を使って病院の正門を出た後、バスに乗車したとみられる。入院中、本人の希望で車いすを使用していた。

 金容疑者の病室からは財布や携帯電話などは見つかっておらず、現金を所持した状態で逃走しているとみられる。情報提供は中野署(03・5342・0110)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ