PR

ニュース 社会

【京都アニ事件1カ月】(上)不可解な敵意 男を凶行に駆り立てたものは

青葉真司容疑者
青葉真司容疑者
その他の写真を見る(4/5枚)

■敵対視の書き込み

 「京アニに裏切られた」「原稿叩(たた)き落として裏切ること」「爆発物もって京アニ突っ込む」

 インターネットの掲示板に、京アニを敵対視する文言が書き込まれるようになったのは昨年の秋だ。

 こんな記述もあった。「思考盗聴まで行ってアイデアをパクる」。京アニの公式サイトの問い合わせフォームにも、特定の社員3人への殺害予告や脅迫も200回ほど書き込まれていた。

 7月18日、京アニ第1スタジオに火を放った青葉容疑者は、府警に身柄を確保された際、「俺の小説をぱくった」と叫んでいた。

 京アニが実施した小説の公募に、さいたま市見沼区の住所から青葉容疑者と同姓同名の人物から小説の応募があった。捜査関係者は「読める内容のものだった」と打ち明ける。

 実際、青葉容疑者と同姓同名の人物が小説を応募していることから、青葉容疑者が叫んだ「ぱくった」は、「盗んだ」という意味と考えられる。

 ただ、この小説は1次審査で落選しており、京アニ側は「これまで制作された弊社作品との間に、同一または類似の点はないと確信している」とコメント。「盗まれた」というのは、本人の思い込みにすぎない。

 掲示板に書き込んだのが青葉容疑者自身であっても不自然ではない。しかし、そこまで憎しみを募らせる理由は見当たらない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ