PR

ニュース 社会

「あおり被害」どう防ぐ 刺激しない運転、ドラレコも有効

茨城あおり運転の経過
茨城あおり運転の経過

 茨城県守谷市の常磐道で男性があおられ、降りてきた男に殴られる事件が発生した。どうすれば、悪質な「あおり運転」の被害から逃れられるのか。専門家は、車間距離を保つなど、他の車を刺激しない運転を心がけるほか、証拠保全や抑止力にドライブレコーダーの有効性を指摘する。

 今回の一連のあおり運転では、ドライブレコーダーが“犯行”の一部始終を記録していた。その画像はインターネット上にすぐに拡散し、世間の注目と反響を呼び、警察の捜査も後押ししたとされる。

 「犯罪の抑止としても証拠撮りとしても、ドライブレコーダーほど重要なものはない」。元千葉県警交通捜査官で交通事故鑑定人の熊谷宗徳氏も、こう力を込める。

 あおり運転は、進路妨害など、些細(ささい)な交通トラブルが発端になっているケースが目立つとされる。

 熊谷氏は「あおり運転をする人は攻撃性が高く、理性を失ってコントロールできない状態になっていることが多い」と分析。その上で「今回のケースでも悪質な交通違反を繰り返し、3件とも死亡事故につながる可能性もあった」と危険性を指摘する。

 では、実際に、どのようにすれば、被害を避けられるのか。熊谷氏は交通法規を守り、十分な車間距離を保つなど、他の車を刺激しないような運転を心がけるべきだと訴える。

 ただ、それでもあおられた場合は、複数車線があれば、左車線で速度を落として距離を広げるなどの対処法を示す。

 熊谷氏は「決して相手の挑発に乗ったり、その車の前に出たりしないようにすべきだ。万一、運転手が降りてきて詰め寄られても絶対に窓を開けず、同乗者がいる場合は110番通報や動画撮影をしてもらってもいい」と助言している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ