PR

ニュース 社会

収賄罪で宮城の刑務官起訴 情報漏洩は立件見送り

 宮城刑務所の刑務官が、受刑者に生活面の便宜を図る見返りに現金を受け取ったとされる事件で、仙台地検は16日、収賄罪で刑務官、藤田晋悟容疑者(31)を、贈賄罪で受刑者、桜井景三容疑者(58)を起訴した。他に贈賄容疑で逮捕された桜井被告の弟で会社役員の克巳氏(47)と会社員、淡路泰雄氏(47)は不起訴処分とした。

 捜査関係者によると、宮城県警は刑務所内の情報を漏らしたとして、国家公務員法違反の疑いでも藤田被告を捜査したが、証拠が十分に集まらなかったことなどから立件は見送った。

 起訴状などによると、藤田被告は平成30年9月から31年2月、嗜好品の大福や桜井被告が関係する会社の業務資料を渡す見返りに、計8回にわたり克巳氏らを通じて計198万円を受け取ったとしている。

 藤田被告はさいたま市内で淡路氏から60万円を手渡しで受け取った後、7回にわたり藤田被告が管理する口座に振り込ませた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ